博く文を学びて、これを約するに礼を以てせば

子曰、君子博学於文、約之以礼、亦可以弗畔矣夫、

子の曰わく、
君子、博く文を学びて、
これを約するに礼を以てせば、
亦た以て畔かざるべきか。

現代語訳

先生がおっしゃった。

君子は広く書物から学び、
それらの知識を「礼」でもってまとめれば、
道から大きくはずれることは無い。

語句

■文 書物などから学ぶこと。 ■畔く 道にそむくこと。

前の章「井に仁ありと曰うと雖も、其れこれに従わんや」|次の章「予が否き所の者は、天これを厭たん

現代語訳・朗読:左大臣光永