丘の学を好むに如かざるなり

子曰、十室之邑、必有忠信如丘者焉、不如丘之好學也、

子の曰わく、十室の邑、必ず忠信、丘(きゅう)が如き者あらん。丘の学を好むに如かざるなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。十戸ほどしかない里でも、必ず私程度の忠信のある者はあるだろう。しかし私ほど学問を好む者はいないはずだ。

語句

■十室の邑 十戸ほどの小さな里。 ■丘 孔子の名。

前の章「吾れ未だ能く其の過ちを見て内に自ら訟むる者を見ざるなり」|次の章「雍や南面せしむべし

現代語訳・朗読:左大臣光永