夫子の道は忠恕のみ

子曰、參乎、吾道一以貫之、曾子曰、唯、子出、門人問曰、何謂也、曾子曰、夫子之道、忠恕而已矣、

子の曰わく、参よ、吾が道は一(いつ)以てこれを貫く。曾子の曰わく、唯(い)。子出ず。門人問うて曰わく、何の謂いぞや。曾子の曰わく、夫子の道は忠恕のみ。

現代語訳

先生が質問しておっしることに、参よ、わが道は一つだけだ。その道を私は貫いているのだと語った。曾子は「はい」と答えた。先生が行ってしまった後、別の門人が曾子に質問して言うことに「どういう意味だ」。曾子が言うことに「先生の道は、内なる道徳心に背かないことと人に対する真心だけです」

語句

■参 曾子の名。 ■一 一つの道理。 ■唯 い。返事。 ■忠恕 「忠」は自分の内なる道徳心に背かないこと。「恕」は他人に対する思いやり。

前の章「位なきことを患えず」|次の章「君子は義に喩り、小人は利に喩る

現代語訳・朗読:左大臣光永