子、大廟に入りて、事ごとに問う

子入太廟、毎事問、或曰、孰謂鄹人之子知禮乎、入太廟、毎事問、子聞之曰、是禮也、

子、大廟に入りて、事ごとに問う。或るひとの曰わく、孰(たれ)か鄹人(すうひと)の子を礼を知ると謂うや、大廟に入りて、事ごとに問う。子これを聞きて曰わく、是れ礼なり。

現代語訳

先生が魯の周公を祭る廟に入られた時、儀式の作法について、事ごとに質問された。それを見てある人が言った。「誰があの鄹の町の役人の子である孔子を、礼を知っているなどと言ったんだろう。あんなふうに事ごとに質問するとは。ぜんぜん知らないじゃないか」

先生はこれを聞いておっしゃった。「このように慎重にやるのが、礼なのだ」

語句

■大廟 魯の周公を祭る廟。 ■鄹人 「鄹(スウ)」は魯の町の名。ここで孔子の父淑梁コツ(しゅくりょうこつ)が役人をしていた。だから「鄹人」は孔子のこと。

前の章「周は二代に監みて郁郁乎として文なるかな」|次の章「射は皮を主とせず

現代語訳・朗読:左大臣光永