夏の礼は吾れ能くこれを言えども

子曰、夏禮吾能言之、杞不足徴也、殷禮吾能言之、宋不足徴也、文獻不足故也、足則吾能徴之矣、

子の曰わく、夏の礼は吾れ能くこれを言えども、杞は徴とするに足らざるなり。殷の礼は吾れ能くこれを言えども、宋は徴とするに足らざるなり。文献、足らざるが故なり。足らば則ち吾れ能くこれを徴とせん。

現代語訳

先生がおっしゃった。夏の礼は私はよくこれを論ずるが、夏の子孫である杞はこういう礼を行っているという証拠が足りない。殷の礼は私はよくこれを論ずるが、殷の子孫である宋はどんな礼を行っているか証拠が足りない。書物も賢人も、十分に残っていないからだ。十分に残っていれば、私はよくこれを証拠とするのだが、残念だ。

語句

■杞 周になって夏の王族の子孫が封じられた小国。 ■宋 周になって殷の王族の子孫が封じられた小国。 ■徴 証すること。証拠。 ■文献 「文」は記録。「献」は賢人。

前の章「絵の事は素を後にす。」|次の章「テイ【示+帝】、既に灌してより往は

現代語訳・朗読:左大臣光永