人にして仁ならずんば

子曰、人而不仁、如礼何、人而不仁、如楽何、

子の曰わく、
人にして仁ならずんば、
礼を如何。
人にして仁ならずんば、
楽を如何。

現代語訳

先生がおっしゃった。
「真心(仁)が無いなら、
礼儀だけちゃんとしたところで、
それが何になるだろうか

真心が無いなら、
音楽をうまく奏でたところで、
それが何になるだろうか」

語句

■仁 心の徳。 ■楽 音楽。

前の章「相くるは維れ辟公、天子穆穆」|次の章「林放、礼の本を問う

現代語訳・朗読:左大臣光永