君子に九思あり

孔子曰、君子有九思、視思明、聽思聰、色思温、貌思恭、言思忠、事思敬、疑思問、忿思難、見得思義、

孔子の曰わく、君子に九思あり。視(み)るには明を思い、聴くには聡を思い、色には温を思い、貌(かたち)には恭を思い、言には忠を思い、事には敬を思い、疑わしきには問いを思い、忿(いか)りには難を思い、得るを見ては義を思う。

現代語訳

孔子がおっしゃった。君子には九つの思うことがある。見る時は、はっきりと隅々まで見ることを思い、聴く時ははっきりと聞きもらさないことを思い、顔つきはおだやかであることを思い、容貌はうやうやしくあることを思い、言葉は誠実であることを思い、事を行うにあっては慎重であることを思い、怒りには、その怒りによって引き起こされるやっかい事をあらかじめ想定して、怒りを抑えることを思い、利益を得る時は、その利益が道義に沿ったことかを思う。

語句

■明 はっきりとすみずみまで見ること。 ■聡 はっきりと聞きもらさないこと。 ■色 顔つき。 ■温 おだやか。 ■貌 姿。容貌。 ■恭 うやうやしい。 ■忠 誠実。 ■敬 慎重。 ■難 その怒りによって引き起こされるやっかい事をあらかじめ想定して、怒りを抑える。 ■得る 利益を得る。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>