予れは一以てこれを貫く

子曰、賜也、女以予爲多學而識之者與、對曰、然、非與、曰、非也、予一以貫之、

子の曰わく、賜や、女(なんじ)予(わ)れを以て多く学びてこれを識(し)る者と為すか。対(こた)えて曰わく、然り。非なるか。曰わく、非なり。予れは一(いつ)以てこれを貫く。

現代語訳

先生がおっしゃった。「賜や、お前は私が多くを学んで、それをいちいち記憶している者と思っているかね」

答えて言った。「そう思っています。違うのですか」

先生がおっしゃった。「違う。私はすべてを貫く一つの根本の原理に沿って、個々の事例に対処しているに過ぎない。いちいち細かい知識や個々の事例を記憶しているのではない」

語句

■識る 記憶する。 ■一 一番大事な根本の道理。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>