南容、白圭を三復す

南容三復白圭、孔子以其兄之子妻之、

南容(なんよう)、白圭(はくけい)を三復(さんぷく)す。孔子、其の兄の子を以てこれに妻(めあ)わす。

現代語訳

孔子の門人南容は言葉に慎重であった。それで「白玉の欠けたのはまだ磨くことができる。しかし言葉は一度失言すると、どうにもならない」という詩の文句を何度も唱えていた。孔子は南容がそこまで言葉に慎重であることを大いに買われて、兄の娘を南容にめとらせた。

語句

■三復 何度も。 ■白圭 白い玉。『詩経』大雅の抑の篇に「白圭のカけたるは、尚磨く可きなり。斯(こ)の言(ことば)のカけたるは、為(をさ)むべからざるなり」とある。■南容 孔子の門人。言葉に慎重であった。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>