我れに於いて殯せよ

朋友死、無所歸、曰、於我殯、朋友之饋、雖車馬、非祭肉不拜、

朋友死して帰する所なし。曰わく、我れに於いて殯(ひん)せよ。朋友の饋(おく)りものは、車馬と雖ども、祭りの肉に非ざれば、拝せず。

現代語訳

友人が死んで寄る辺がない時、先生がおっしゃった。私のところでかりもがりをしなさい。友人の贈り物は、車馬のような高価なものでも、それが先祖への捧げものとして用いる供物ででもなければ、拝することはされなかった(友人はお互いに助け合うべき対等の関係だから)。

語句

■帰する所なし 寄る辺が無いこと。 ■殯 かりもがり。遺骸を仮に棺に入れておくこと。 ■祭肉 先祖へのお供え物とする肉。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>