仁者は難きを先にして獲るを後にす

樊遅問知、子曰、務民之義、敬鬼神而遠之、可謂知矣、問仁、子曰、仁者先難而後獲、可謂仁矣

樊遅(はんち)、知を問う。子の曰わく、民の義を務め、
鬼神を敬して之を遠ざく、知と謂うべし。

仁を問う。曰わく、仁者は難きを先にして
獲るを後にす、仁と謂うべし。

現代語訳

樊遅が知について質問した。
先生はおっしゃった。

「人としてすべきことをし、
鬼神を敬ってむやみに近づかない。
こういう態度を知というのだ」

仁について質問した。

「仁者は難しいことを先に済ませてしまって、
利益を得るのは後にする。
こういう態度を仁というのだ」

語句

■樊遅 孔子の門人。名は須。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>