力足らざる者は中道にして癈す

冉求曰、非不説子之道、力不足也、子曰、力不足者、中道而癈、今女画、

冉求(ぜんきゅう)が曰わく、
子の道を説(よろこ)ばざるに非ず。力足らざればなり。

子の曰わく、力足らざる者は中道にして癈(はい)す。
今女(なんじ)は画れり。

現代語訳

冉求が言った。
「先生の教えを学ぶことを喜ばないわけではないのです。
ただ私にはその能力が足りないのです。」

先生がおっしゃった。
「力が足りないというなら、行ける所まで行って、
そこで力尽きるだろう。

お前は始める前から自分に見切りをつけている。」

語句

■冉求 孔子の門人。 ■画る 限定する。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

前の章「賢なるかな回や」|次の章「君子の儒となれ

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>