命なるかな。斯の人にして斯の疾あること

伯牛有疾、子問之、自牖執其手、曰、亡之、命矣夫、斯人也而有斯疾也、斯人也而有斯疾也、

伯牛、疾(やまい)あり。子、これを問い、牖(まど)より其の手を執(と)る。曰わく、これを亡ぼせり。命なるかな。斯(こ)の人にして斯の疾あること、斯の人にして斯の疾あること。

現代語訳

伯牛が病にかかった。先生はこれを訪問され、窓からその手を取っておっしゃった。おしまいだ。運命だねえ。こんな徳の高い人が、こんな病にかかってしまうなんて。こんな徳の高い人が、こんな病にかかってしまうなんて。

語句

■伯牛 孔子の門人。姓は冉、名は耕、伯牛は字。 ■疾 ハンセン病だったという。 ■斯の人 このような徳行のある人の意。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>