再びせば斯れ可なり

季文子、三思而後行、子聞之曰、再斯可矣、

季文子、三たび思いて而る後に行う。子、これを聞きて曰わく、再びせば斯れ可なり。

現代語訳

魯の大夫季文子は、何度も何度も考えてから実行した。先生がこれを聞いておっしゃった。「考えるのは二度で十分だ」

語句

■季文子 魯の大夫。名を行父(こうほ)。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

前の章「子文、崔子」|次の章「邦に道なければ即ち愚

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>