敏にして学を好み、下問を恥じず

子貢問曰、孔文子何以謂之文也、子曰、敏而好学、不恥下問、是以謂之文也、

子貢問うて曰く、孔文子、何を以てかこれを文と謂うや。
子の曰わく、敏にして学を好み、下問を恥じず、
是を以てこれを文と謂うなり。

現代語訳

子貢が質問して言った。
「孔文子はどうして『文』という諡(おくりな)なのですか」

先生がおっしゃった。
「利発な上に学問を好み、わからないことがあったら
目下の者にでもこだわらないで質問した。
こういうことから、『文』と諡(おくりな)されたのだよ」

語句

■孔文子 衛の大夫。姓は孔。名は圉(ぎょ)。文は諡号。 ■敏 利発でさとりの良いこと。 ■下問 自分より目下の者にも質問すること。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

前の章「子路、聞くこと有りて」|次の章「子産を謂わく

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>