君に事うるに数々すれば

子游曰、事君數、斯辱矣、朋友數、斯疏矣、

子遊が曰わく、君に事うるに数々(しばしば)すれば、斯(ここ)に辱(はずか)しめられ、朋友に数々すれば、斯に疏(うとん)ぜらる。

現代語訳

子遊が言った。君主に仕えるのにあまりうるさくすると、君主から嫌がられて辱めを受けることになる。友人と接するのにあまりうるさくすると、避けられる。

語句

■斯に すなわち。 ■數 「しばしば」と読んで、うるさくするの意。または、「責」の意味と見て過失を責める意味。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

前の章「徳は孤ならず」|次の章「公冶長を謂わく

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>