君子は思うこと其の位を出ず

曾子曰、君子思不出其位、

曾子の曰わく、君子は思うこと其の位を出ず。

現代語訳

曾子が言った。君子はその思うところが自分の職分から出ることは無い。

語句

■位 職分。単に地位というだけでなく、父と子の別。兄と弟の別など。立場・領分の違いをふくむ。

前の章「其の位に在らざれば、其の政を謀らず」|次の章「君子は其の言の其の行に過ぐるを恥ず

現代語訳・朗読:左大臣光永