聞と達

子張問、士何如斯可謂之達矣、子曰、何哉、爾所謂達者、子張對曰、在邦必聞、在家必聞、子曰、是聞也、非達也、夫達也者、質直而好義、察言而觀色、慮以下人、在邦必達、在家必達、夫聞也者、色取仁而行違、居之不疑、在邦必聞、在家必聞、

子張問う、士何如(いか)なれば斯れこれを達と謂うべき。子の曰わく、何ぞや、爾(なんじ)の所謂達とは。子張対えて曰わく、邦(くに)に在りても必ず聞こえ、家に在りても必ず聞こゆ。子の曰わく、是れ聞(ぶん)なり、達に非ざるなり。夫(そ)れ達なる者は、質直にして義を好み、言を察して色を観、慮(はか)って以て人に下る。邦に在りても必らず達し、家に在りても必らず達す。夫れ聞なる者は、色に仁を取りて行いは違(たが)い、これに居りて疑わず。邦に在りても必らず聞こえ、家に在りても必らず聞こゆ。

現代語訳

子張が質問した。「学問を志す者はどうあれば達といえるでしょうか」

先生がおっしゃった。「何だね。御前のいうところの達とは」

子張が答えて言った。「国にあってもその評判が聞こえ、家にあってもその評判が聞こえる者です」

先生がおっしゃった。「それは聞というものだ。達ではない。いったい達なる者は、その性質はまっすぐで正義を好み、人の言葉を冊子て様子を見て、相手のことを思いやって、人に対してへりくだる。国にあっても必ずその評判が聞こえ、家にあってもその評判が聞こえる。一方、聞なる者は、表面上はいかにも仁なふうに装って、行いはまるで違っている。自分の現状に満足して疑わない。国にあっても必ずその評判が聞こえ、家にあってもその評判が聞こえる」

前の章「君子の徳は風なり、小人の徳は草なり」|次の章「樊遅従いて舞【雨+万】の下に遊ぶ

現代語訳・朗読:左大臣光永