子貢、政を問う

子貢問政。子曰。足食。足兵。民信之矣。子貢曰。必不得已而去。於斯三者何先。曰。去兵。子貢曰。必不得已而去。於斯二者何先。曰。去食。自古皆有死。民無信不立。

子貢、政を問う。子の曰わく、食を足し兵を足し、民をしてこれを信ぜしむ。子貢が曰わく、必らず已むを得ずして去らば、斯(こ)の三者に於いて何(いず)れをか先きにせん。曰わく、兵を去らん。曰わく、必ず已むを得ずして去らば、斯の二者に於いて何れをか先きにせん。曰わく、食を去らん。古えより皆な死あり、民は信なくんば立たず。

現代語訳

子貢が政治について質問した。先生がおっしゃった。「食糧を十分にし、軍備を十分にし、民に為政者を信じさせることだ」

子貢が言った。「食糧・軍備・信頼。どうしてもやむを得ずこれら三つのうち一つを棄てるとしたら、どれを棄てますか」

先生がおっしゃった。「軍備を棄てよう」

子貢が言った。「食糧・信頼。どうしてもやむを得ずこれら二つのうち一つを棄てるとしたら、どちらを棄てますか」

先生がおっしゃった。「食糧を棄てよう。食糧がなければ人は死ぬが、昔から誰でも死ぬものだ。民は信頼がなければ立つことができない」

語句

■足す 十分にする。

前の章「子張、明を問う」|次の章「文は猶お質のごときなり

現代語訳・朗読:左大臣光永