敏にして学を好み、下問を恥じず

子貢問曰、孔文子何以謂之文也、子曰、敏而好学、不恥下問、是以謂之文也、

子貢問うて曰く、孔文子、何を以てかこれを文と謂うや。
子の曰わく、敏にして学を好み、下問を恥じず、
是を以てこれを文と謂うなり。

現代語訳

子貢が質問して言った。
「孔文子はどうして『文』という諡(おくりな)なのですか」

先生がおっしゃった。
「利発な上に学問を好み、わからないことがあったら
目下の者にでもこだわらないで質問した。
こういうことから、『文』と諡(おくりな)されたのだよ」

語句

■孔文子 衛の大夫。姓は孔。名は圉(ぎょ)。文は諡号。 ■敏 利発でさとりの良いこと。 ■下問 自分より目下の者にも質問すること。

前の章「子路、聞くこと有りて」|次の章「子産を謂わく

現代語訳・朗読:左大臣光永