禘(てい)之説

或問禘(てい)之説。子曰。不知也。知其説者之於天下也。其如示諸斯乎。指其掌。

或ひと禘(てい)の説を問う。子の曰わく、知らざるなり。其の説を知る者の天下に於けるや、其れ諸(こ)れを斯(ここ)に示(み)るが如きかと。其の掌(たなごころ)を指す。

現代語訳

ある人が禘(てい)の祭の意義について質問した。先生がおっしゃった。わからんね。その意味を知る者がいて、もし天下を見れば、天下を、ここに見ているように、よく見えるだろう。そう言って先生は、手の平を指差した。(つまり、誰も禘(てい)の祭の本当の深い意義はわからない。それくらい、深い意義があるのだと孔子は言った)

語句

■禘(てい) 天子の祭礼。 ■説 意味。 

前の章「テイ【示+帝】、既に灌してより往は」|次の章「祭ること在すが如くし

現代語訳・朗読:左大臣光永