孝なるかな惟れ孝

或謂孔子曰。子奚不爲政。子曰。書云。孝乎惟孝。友于兄弟。施於有政。是亦爲政。奚其爲爲政。

或るひと孔子に謂いて曰わく、子奚(なん)ぞ政(せい)を為さざる。子の曰わく、書に伝う、孝なるかな惟(こ)れ孝、兄弟(けいてい)に友(ゆう)に、有政(ゆうせい)に施すと。是(こ)れ亦た政を為すなり。奚(なん)ぞ其(そ)れ政を為すことを為さん。

現代語訳

ある人が孔子に質問して言った。「あなたはどうして政治をしないのですか」先生がおっしゃった。書経にこうある。親を大切にする「孝」の心を持ち、兄弟の仲むつまじければ、その感じが政治にも及ぶのだと。ことさらに政治をしなくても、すでに政治をしているようなものだ。

語句

■或 定公に孔子が仕えなかったので、ある人が質問して言った言葉。定公は哀公の前の魯の君主。 ■謂孔子曰 「謂~曰」は漢文によくある語法。 ■書 『書経』。ここにある語は周書の君陳篇にある。以下、「」までを孔子の言葉とするか、「」は地の文ととるかで説が分かれる。ここでは地の文と取った。 ■友 兄弟の仲むつまじいこと。 ■有政 政治。有は助辞。 ■施す おしひろめて行う。

前の章「民をして敬忠にして以て勧ましむるには、これを如何」|次の章「人にして信なくば、其の可なるを知らず

現代語訳・朗読:左大臣光永