政を為すに徳を以てすれば

子曰、為政以徳、譬如北辰居其所、而衆星共之。

子の曰わく、
政を為すに徳を以てすれば、
譬えば北辰の其の所に居て、
衆星のこれに共するがごとし。

現代語訳

先生がおっしゃった。
「徳の深い政治を行なえば、
ちょうど北極星が天空の一点にいて、
星々がそのまわりを巡っているように、
そんなふうにうまくいくのだ」

語句

■北辰 北極星。 ■衆星  星々。 

前の章「人を知らざることを患う」|次の章「詩三百、思い邪なし

現代語訳・朗読:左大臣光永