斉、一変せば魯に至らん

子曰、齊一變至於魯、魯一變、至於道、

子の曰わく、斉、一変せば魯に至らん。魯、一変せば道に至らん。

現代語訳

先生がおっしゃった。斉はひたすら功名を追う物質主義的なところを改めれば、今の魯くらいにはなるだろう。今の魯が一変して衰えた先王時代の国風をよみがえらせるなら、理想的な道徳のある国になるだろう。

語句

■斉 孔子のいた魯の隣の国。このころ巧妙を求める風ばかりがさかんになり、孔子から見ると先王太公の頃の、徳をもった国風とはまるで違ってきており、堕落して見えたらしい。 ■魯 孔子の国。先王周公の時代の道のある国風とまではいかないが、孔子から見るとまだ徳が残っており救いようがあると見られた。 ■道 道徳のある理想的な政治が行われていること。

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永


; ?>