仲尼は日月(じつげつ)なり

叔孫武叔、毀仲尼、子貢曰、無以爲也、仲尼不可毀也、他人之賢者、丘陵也、猶可踰也、仲尼日月也、無得而踰焉、人雖欲自絶、其何傷於日月乎、多見其不知量也、

叔孫武叔(しゅくそんぶしゅく)、仲尼(ちゅうじ)を毀(そし)る。子貢が曰わく、以て為すこと無かれ。仲尼は毀るべからざるなり。他人の賢者は丘陵(きゅうりょう)なり、猶お踰(こ)ゆべきなり。仲尼は日月(じつげつ)なり、得て踰ゆること無し。人自ら絶たんと欲すと雖ども、其れ何ぞ日月を傷(やぶ)らんや。多(まさ)に其の量を知らざるを見るなり。

現代語訳

魯の大夫・叔孫武叔が仲尼(孔子)を悪く言った。子貢が言った。そのようなことを言うのはおよしなさい。仲尼を悪く言うことはできませんよ。他の人が優れているというのは、せいぜい丘のようなものです。越えることは難しいができなくはありません。孔子の優れているのは太陽や月のすばらしさです。もはや人間に超えることなど不可能です。自分から拒絶しようとしても、どうして太陽や月を損なうことができましょうか。その身のほど知らずをさらけ出すだけです。

語句

■自ら絶つ 自分から拒絶する。

前の章「夫子の牆や数仞、其の門を得て入らざれば、宗廟の美・百官の富を見ず。」|次の章「夫子の及ぶべからざるや、猶お天の階して升るべからざるがごときなり

現代語訳・朗読:左大臣光永