人未だ自ら致す者有らず。必ずや親の喪か

曾子曰、吾聞諸夫子、人未有自致也者、必也親喪乎、

曾子の曰わく、吾れ諸(こ)れを夫子に聞けり、人未だ自ら致す者有らず。必ずや親の喪か。

現代語訳

曾子が言った。私はかつて先生からこういうことをうかがった。人が真心を出し尽くすというのは難しいものだ。そんな場面があるとしたら、親の喪だろうか。

前の章「堂堂たるかな張や、与に並んで仁を為し難し」|次の章「其の父の臣と父の政を改めざるは、是れ能くし難きなり

現代語訳・朗読:左大臣光永