喪は哀を致して止む

子游曰、喪致乎哀而止、

子游が曰わく、喪は哀(あい)を致して止む。

現代語訳

子游が言った。喪にある時は悲しみの限りを尽くせ。

八イツ第三第四章「喪は其の易めんよりは寧ろ戚(いた)め」

語句

■致す 尽くす。

前の章「仕えて優なれば則ち学ぶ。学びて優なれば則ち仕う」|次の章「吾が友張や、能くし難きを為す。然れども未だ仁ならず

現代語訳・朗読:左大臣光永