仕えて優なれば則ち学ぶ。学びて優なれば則ち仕う

子夏曰、仕而優則學、學而優則仕、

子夏が曰わく、仕えて優なれば則ち学ぶ。学びて優なれば則ち仕う。

現代語訳

子夏が言った。仕えて位にある者は、何よりもまずその仕事に専念し、余力があれば学問をする。まだ仕えていない者は何よりもまずその学問に専念し、余力があれば位につくようにする。

語句

■優 余力があること。

前の章「君子の道は孰れをか先きにし伝え、孰れをか後にし倦まん」|次の章「喪は哀を致して止む

現代語訳・朗読:左大臣光永