大徳は閑を踰えず。小徳は出入して可なり

子夏曰、大徳不踰閑、小徳出入可也、

子夏が曰わく、大徳は閑(のり)を踰(こ)えず。小徳は出入して可なり。

現代語訳

忠信孝弟のような大きな徳においていは、少しもその規則から踏みはずしてはならない。日常のこまごました規則などは、そこまで厳密になる必要は無い。

語句

■大徳 忠信孝弟のような大きな徳。 ■閑 人の守るべき規則。 ■小徳 日常のささいな決まり事など。

前の章「君子、信ぜられて而して後に其の民を労す」|次の章「君子の道は孰れをか先きにし伝え、孰れをか後にし倦まん

現代語訳・朗読:左大臣光永