日々に其の亡き所を知り、月々に其の能くする所を忘るること無し

子夏曰、日知其所亡、月無忘其所能、可謂好學也已矣、

子夏が曰わく、日々に其の亡(な)き所を知り、月々に其の能くする所を忘るること無し。学を好むと謂うべきのみ。

現代語訳

子夏が言った。日々自分のまだ知らないことを知り、月々に自分の学んだことをわすれまいと復習する。こういう人は学を好むと言えるでしょうね。

前の章「遠きを致さんには泥まんことを恐る」|次の章「博く学びて篤く志し

現代語訳・朗読:左大臣光永