徳を執ること弘からず、道を信ずること篤からずんば

子張曰、執徳不弘、信道不篤、焉能爲有、焉能爲亡、

子張が曰わく、徳を執(と)ること弘(ひろ)からず、道を信ずること篤(あつ)からずんば、焉んぞ能く有りと為さん、焉んぞ能く亡しと為さん。

現代語訳

子張が言った。徳を守ること広くはなく、道を信じること篤くも無いならば、そういう中途半端な者は、いてもいなくても同じだ。

語句

■徳を執(と)る 徳を守る。

前の章「士は危(あや)うきを見ては命を致し」|次の章「子夏の人、交わりを子張に問う

現代語訳・朗読:左大臣光永