長沮・桀溺、グウして耕す

長沮桀溺、耦而耕、孔子過之、使子路問津焉、長沮曰、夫執輿者爲誰、子路曰、爲孔丘、曰、是魯孔丘與、曰、是也、曰、是知津矣、問於桀溺、桀溺曰、子爲誰、曰、爲仲由、曰、是魯孔丘之徒與、對曰、然、曰、滔滔者、天下皆是也、而誰以易之、且而與其從辟人之士也、豈若從辟丗之哉、耰而不輟、子路行以告、夫子憮然曰、鳥獣不可與同羣、吾非斯人之徒、與而誰與、天下有道、丘不與易也、

長沮・桀溺、耦(ぐう)して耕す。孔子これを過ぐ。子路をして津(しん)を問わしむ。長沮が曰わく、夫(か)の輿(よ)を執(と)る者は誰と為す。子路が曰わく、孔丘と為す。曰わく、是れ魯の孔丘か。対(こた)えて曰わく、是れなり。曰わく、是れならば津を知らん。桀溺に問う。桀溺が曰わく、子は誰とか為す。曰わく、仲由と為す。曰わく、是れ魯の孔丘の徒か。対(こた)えて曰わく、然り。曰わく、滔々(とうとう)たる者、天下皆な是れなり。而(しか)して誰か以てこれを易(か)えん。且つ而(なんじ)の人を辟(さ)くるの士に従わんよりは、豈に世を辟くるの士に従うに若(し)かんや。耰(ゆう)して輟(や)まず。子路以て告(もう)す。夫子憮然として曰わく、鳥獣は与(とも)にするに非ずして誰と与にかせん。天下道あらば、丘は与に易(か)えざるなり。

現代語訳

長沮・桀溺という二人の隠者が、ならんで畑を耕していた。孔子が車でここを通り過ぎた。子路に渡し場の場所を質問させた。長沮が言った。「あそこで手綱をとっている者は誰だい」

子路が馬を下りたので、孔子がかわって手綱をとっていたのである。

子路が言った。「孔丘です」

長沮が言った。「これは魯の孔丘か」答えて言った。「そうです」
「孔丘なら、渡し場くらい知ってるだろう」

子路は結局、渡し場の場所を聞き出すことができなかったので、今度は桀溺に質問した。

桀溺が言った。「お前は誰だ」「仲由だ」「これは魯の孔丘の弟子か」「そうだ」

「どこまでも流れて言って際限ないものは、川だけじゃない。天下のもの、すべてがそうだ。それなのに、誰がこの乱世を変えることができるというんだ。お前も孔丘のように人を避ける士に従うよりも、私たちのような世を避ける士に従うほうがいいんじゃないかね」

そう言って桀溺は種に土をかけ続けた。

子路は孔子のもとに戻って報告した。孔子はがっくりしておっしゃった。

「鳥や獣といっしょにやっていくことはできない。私は人間の仲間といっしょになっていくのでなくて、誰といっしょにやろう。天下にあまねく道が行われているならば、丘だって世を変えようなんてしない。行われていないから変えようとしているのだ」

語句

■長沮・桀溺 隠者の名。 ■耦 ならぶ。 ■津 渡し場。 ■滔々 どこまでも際限なく流れていくさま。  ■耰 種に土をかける。 ■憮然 がっくりしたさま。

前の章「鳳よ、鳳よ、何ぞ徳の衰えたる」|次の章「君子の仕うるや、其の義を行なわんとなり

現代語訳・朗読:左大臣光永