唯女子と小人とは養ない難しと為す

子曰、唯女子與小人爲難養也、近之則不孫、遠之則怨、

子の曰わく、唯(ただ)女子と小人とは養ない難しと為す。これを近づくれば則ち不孫なり。これを遠ざくれば則ち怨む。

現代語訳

先生がおっしゃった。「ただ女子と小人だけは養い難いものだ。近づければ調子に乗って不遜になるし、遠ざければ怨む」

前の章「君子も亦た悪むこと有りや」|次の章「年四十にして悪まるるは、其れ終わらんのみ

現代語訳・朗読:左大臣光永