君子、勇を尚ぶか

子路曰、君子尚勇乎、子曰、君子義以爲上、君子有勇而無義爲亂、小人有勇而無義爲盜、

子路が曰わく、君子、勇を尚(とうと)ぶか。子の曰わく、君子、義以て上(かみ)と為す。君子、勇ありて義なければ乱を為す。小人、勇ありて義なければ盗を為す。

現代語訳

子貢が言った。「君子は勇敢さを貴びますか」

先生がおっしゃった。「君子は義を最上とする。勇敢さは最上としない。上に立つ者が勇敢であっても義が欠けていれば、乱を起こす。下々の者が勇敢であっても義が欠けていれば、盗みを働く」

前の章「飽くまで食らいて日を終え…」|次の章「君子も亦た悪むこと有りや

現代語訳・朗読:左大臣光永