孺悲、孔子に見えんと欲す

孺悲欲見孔子、孔子辭以疾、將命者出戸、取瑟而歌、使之聞之、

孺悲、孔子に見(まみ)えんと欲す。孔子辞するに疾(やまい)を以てす。命(めい)を将(おこ)なう者、戸を出ず。瑟(しつ)を取りて歌い、これをして聞かしむ。

現代語訳

孺悲が孔子に面会しようとした。孔子は仮病をつかって面会謝絶された。取次の者が孔子の家を出たところで、孔子は瑟を取り出して歌い、それを取り次ぎの者にわざと聞かせて、仮病であることを示した。これによって孺悲に反省を促したのである。

語句

■孺悲 魯の人で、かつて哀公の命を受けて孔子のもとで喪の礼を学んだことがある。なぜ孔子が面会謝絶したのかは、何か罪をおかしたのだろうとも、紹介も無くいきなり来たからだとか、説がある。 ■命(めい)を将(おこ)なう者 取次の者。

前の章「天何をか言うや」|次の章「予や、其の父母に三年の愛あらんか

現代語訳・朗読:左大臣光永