道に聴きて塗に説くは、徳をこれ棄つるなり

子曰、道聽而塗説、徳之棄也、

子の曰わく、道に聴きて塗(みち)に説くは、徳をこれ棄つるなり。

現代語訳

先生がおっしゃった。いい話を聞いても、身の糧としないままに、道で聴いてすぐに道で人に説くのであれば、まったく身の糧になっていないから徳を棄てることである。

前の章「郷原は徳の賊なり」|次の章「鄙夫は与に君に事うべけんや

現代語訳・朗読:左大臣光永