吾れ豈に匏瓜ならんや

佛肸召、子欲往、子路曰、昔者由也聞諸夫子、曰、親於其身爲不善者、君子不入也、佛肸以中牟畔、子之往也、如之何、子曰、然、有是言也、不曰堅乎、磨而不磷、不曰白乎、涅而不緇、吾豈匏瓜也哉、焉能繋而不食、

佛肸(ひつきつ)、召(まね)く。子往かんと欲す。子路が曰わく、昔者(むかし)由や諸(こ)れを夫子に聞けり。曰わく、親ら其の身に於いて不善を為す者は、君子は入らざるなりと。佛肸、中牟(ちゅうぼう)を以て畔(そむ)く。子の往くや、これを如何(いかん)。子の曰わく、然り、是の言有るなり。堅しと曰わざらんや、磨(ま)すれども磷(うすろ)がず。白しと曰わざらんや、涅(でつ)すれども緇(くろ)まず。吾れ豈に匏瓜(ほうか)ならんや。焉んぞ能く繋(かか)りて食らわれざらん。

現代語訳

佛肸(ひつきつ)は中牟の町を拠点に主家に反乱を起こしていたが、孔子を招いた。孔子は招きに応じて行こうとされた。子路が言った。

「昔、由は先生からこう伺いました。先生はおっしゃったのです。自らその身において良くないことを行う者は、君子はそういう者には近づかないものだと。佛肸は中牟の町を拠点に主家に主家に反乱を起こしています。先生がそんな良くない者の所に行かれるのは、如何なものでしょうか」

先生がおっしゃった。「そう。私はそう言った。しかし、『堅いと言わないだろうか。研いでも丸くならないものは。白いと言わないだろうか。黒土にまぶして黒く染めても黒くならないものは』。私はそんなふうに、たとえ悪い者と交わってもその悪に染まらないだけの覚悟がある」

「それに、私は苦瓜であろうか。違う。ただぶら下がっていて、誰にも食べられない苦瓜のように、誰にも用いられないでおれようか。断固、用いられなければならないのだ」

語句

■佛肸(ひつきつ) 晋の大夫范氏の家宰として中牟の町を取り仕切っていたが、反乱を起こした。 ■磨する 研ぐ。 ■磷ぐ 丸くなる。 ■涅する 黒土にまぶして黒く染めること。 ■緇む 黒くなること。 ■匏瓜 苦瓜。人に用いられないことのたとえ。

前の章「子張、仁を孔子に問う」|次の章「六言の六蔽

現代語訳・朗読:左大臣光永