子張、仁を孔子に問う

子張問仁於孔子、孔子曰、能行五者於天下爲仁矣、請問之、曰、恭寛信敏惠、恭則不侮、寛則得衆、信則人任焉、敏則有功、惠則足以使人、

子張、仁を孔子に問う。孔子の曰わく、能く五つの者を天下に行なうを仁と為す。これを請い問う。曰わく、恭寛信敏恵なり。恭なれば則ち侮られず、寛なれば則ち衆を得、信なれば則ち人任じ、敏なれば則ち功あり、恵なれば則ち以て人を使うに足る。

現代語訳

子張が仁について孔子に質問した。孔子がおっしゃった。「よく五つの徳を天下に行うことができれば、仁といえる」

子張が重ねてその内容を尋ねた。孔子がおっしゃった。「恭(うやうやしさ)・寛(寛大さ)・信(心にまことがあること)・敏(怠けず仕事に励むこと)・恵(恵み深さ)である。うやうやしくあれば威厳が備わり人から侮られない。寛大であれば人望が得られる。心にまことがあれば、人に頼られる。怠けず仕事に励めば仕事の成果が上がる。恵み深ければ人を使いやすくなる」

語句

■恭 うやうやしさ。威厳。 ■寛 寛大であること。おおらかさ。 ■信 信(まこと)があること。真心。 ■人任ず 人から頼りにされる。 ■敏 怠らず仕事に励むこと。 ■恵 恵み深いこと。 ■使うに足る うまく使える。

前の章「公山不擾、費を以て畔く」|次の章「吾れ豈に匏瓜ならんや

現代語訳・朗読:左大臣光永