善を見ては及ばざるが如くし

孔子曰、見善如不及、見不善如探湯、吾見其人矣、吾聞其語矣、隱居以求其志、行義以達其道、吾聞其語矣、未見其人也、

孔子の曰わく、善を見ては及ばざるが如くし、不善を見ては湯を探るが如くす。吾れ其の人を見る、吾れ其の語を聞く。隠居して以て其の志しを求め、義を行いて以て其の道を達す。吾れ其の話を聞く、未だ其の人を見ず。

現代語訳

孔子がおっしゃった。善を見てはとうてい自分が遠く及ばないので少しでも善に近づくべく努力するがごとくにし、不善を見ては熱湯に手を入れた時のように、一瞬で遠ざかる。私はそういう人を見た。私はそういう話を聞いた。天下に道が行われていない時は隠居して引きこもっていて、正しい道が行われるべき志を求め、みずから正しい行いをして、それで周りに感化をもたらして天下に広く義の道を行う。私は(書物などで)そういう話を聞いたことはある。しかし今の世ではそういう人をいまだ見たことがない。

語句

■湯を探る 熱湯に手を入れるとすぐに手をひっこめるたとえ。 ■隠居 世間に用いられず隠れていること。 ■志しを求めて 道を行う志を求めて。 ■道を達す 広く天下に行う。

前の章「君子に九思あり」|次の章「誠に富を以てせず、亦た祇に異を以てす

現代語訳・朗読:左大臣光永