君子に九思あり

孔子曰、君子有九思、視思明、聽思聰、色思温、貌思恭、言思忠、事思敬、疑思問、忿思難、見得思義、

孔子の曰わく、君子に九思あり。視(み)るには明を思い、聴くには聡を思い、色には温を思い、貌(かたち)には恭を思い、言には忠を思い、事には敬を思い、疑わしきには問いを思い、忿(いか)りには難を思い、得るを見ては義を思う。

現代語訳

孔子がおっしゃった。君子には九つの思うことがある。見る時は、はっきりと隅々まで見ることを思い、聴く時ははっきりと聞きもらさないことを思い、顔つきはおだやかであることを思い、容貌はうやうやしくあることを思い、言葉は誠実であることを思い、事を行うにあっては慎重であることを思い、怒りには、その怒りによって引き起こされるやっかい事をあらかじめ想定して、怒りを抑えることを思い、利益を得る時は、その利益が道義に沿ったことかを思う。

語句

■明 はっきりとすみずみまで見ること。 ■聡 はっきりと聞きもらさないこと。 ■色 顔つき。 ■温 おだやか。 ■貌 姿。容貌。 ■恭 うやうやしい。 ■忠 誠実。 ■敬 慎重。 ■難 その怒りによって引き起こされるやっかい事をあらかじめ想定して、怒りを抑える。 ■得る 利益を得る。

前の章「生まれながらにしてこれを知る者は上なり」|次の章「善を見ては及ばざるが如くし

現代語訳・朗読:左大臣光永