君子に三戒あり

孔子曰、君子有三戒、少之時、血氣未定、戒之在色、及其壯也、血氣方剛、戒之在闘、及其老也、血氣既衰、戒之在得、

孔子の曰わく、君子に三戒(さんかい)あり。少(わか)き時は血気未だ定まらず、これを戒むること色に在り。其の壮なるに及んでは血気方(まさ)に剛なり、これを戒むること闘(とう)に在り。其の老いたるに及んでは血気既に衰う、これを戒むること得に在り。

現代語訳

孔子がおっしゃった。君子に三つの戒めがある。若い時は血気がいまだ落ち着かないので、女色にふけることを戒める。壮年になってからは血気がいよいよ勢い盛んであるから、人との争いごとを戒める。年取るともはや血気は衰えているので、財貨に執着しむさぼるのを戒めとする。

語句

■定まらず 落ち着かない。 ■色 女色にふけること。 ■剛 勢い盛んであること。 ■得 財貨をむさぼること。

前の章「君子に侍(じ)するに三愆(さんけん)あり」|次の章「君子に三畏(さんい)あり

現代語訳・朗読:左大臣光永