天下道あれば、即ち礼楽征伐、天子より出ず

孔子曰、天下有道、則禮樂征伐、自天子出、天下無道、則禮樂征伐、自諸侯出、自諸侯出、蓋十丗希不失矣、自大夫出、五丗希不失矣、陪臣執國命、三丗希不失矣、天下有道、則政不在大夫、天下有道、則庶人不議、

孔子の曰わく、天下道あれば、即ち礼楽征伐、天子より出ず。天下道なければ、則ち礼楽征伐、諸侯より出ず。諸侯より出ずれば、蓋し十世にして失わざ゜ること希(すく)なし。大夫より出ずれば、五世にして失わざること希なし。陪臣国命を執(と)れば、三世にして失わざること希なし。天下道あれば、則ち政(せい)は大夫に在らず。天下道あれば、則ち庶人は議せず。

現代語訳

孔子がおっしゃった。天下に道があれば、礼楽や征伐は天子から直接起こる。天下に道がなければ、礼楽や征伐は諸侯より起こる。天子でなく諸侯から礼楽や征伐起こるなら、そういうことは道に反しているから、十世で失敗しないことは少ない。大夫から礼楽や征伐が起こるなら、さらに道に外れているので五世で失敗しないことは少ない。臣下が国政を取り仕切る時は、完全に道に外れているから三世で失敗しないことは少ない。天下に道があれば天子が直接国政を総べるので大夫の出る幕ではない。天下に道があれば、庶民は政治の悪口を話し合うことはなくなる。

語句

■礼楽征伐 礼楽は文の事業。征伐は武の事業。 ■蓋し 確信をもった推量。思うに。確かに。 ■陪臣 諸侯の大夫の家臣。

前の章「季氏、将にセン臾を伐たんとす」|次の章「禄の公室を去ること五世なり

現代語訳・朗読:左大臣光永