君に事えては、其の事を敬して其の食を後にす

子曰、事君敬其事而後其食、

子の曰わく、君に事(つか)えては、其の事を敬して其の食を後にす。

現代語訳

先生がおっしゃった。君にお仕えするにおいては、職務に励むことに専念し、俸禄のことは考えない。

語句

■敬する 職務に誠心誠意、専念すること。 ■其の事 臣としての職務。 ■食 俸禄。

前の章「君子は貞にして諒ならず」|次の章「教え有りて類無し

現代語訳・朗読:左大臣光永