過ちて改めざる、是れを過ちと謂う

子曰、過而不改、是謂過矣、

子の曰わく、過(あやま)ちて改めざる、是れを過ちと謂う。

現代語訳

先生がおっしゃった。過ちを犯してしかも改めない。これを過ちというのだ。

前の章「人能く道を弘む」|次の章「学ぶに如可ざるなり

現代語訳・朗読:左大臣光永