人にして遠き慮り無ければ、必らず近き憂い有り

子曰、人無遠慮、必有近憂、

子の曰わく、人にして遠き慮(おもんぱか)り無ければ、必らず近き憂い有り。

現代語訳

先生がおっしゃった。人として遠くまで見通す考えが無ければ、必ず近いところで心配事が出てくる。

前の章「顔淵、邦を為めんことを問う」|次の章「吾れ未だ徳を好むこと色を好むが如くする者を見ざるなり

現代語訳・朗読:左大臣光永