予れは一以てこれを貫く

子曰、賜也、女以予爲多學而識之者與、對曰、然、非與、曰、非也、予一以貫之、

子の曰わく、賜や、女(なんじ)予(わ)れを以て多く学びてこれを識(し)る者と為すか。対(こた)えて曰わく、然り。非なるか。曰わく、非なり。予れは一(いつ)以てこれを貫く。

現代語訳

先生がおっしゃった。「賜や、お前は私が多くを学んで、それをいちいち記憶している者と思っているかね」

答えて言った。「そう思っています。違うのですか」

先生がおっしゃった。「違う。私はすべてを貫く一つの根本の原理に沿って、個々の事例に対処しているに過ぎない。いちいち細かい知識や個々の事例を記憶しているのではない」

語句

■識る 記憶する。 ■一 一番大事な根本の道理。

前の章「君子固より窮す。小人窮すれば斯に濫る」|次の章「徳を知る者は鮮なし

現代語訳・朗読:左大臣光永