君子固より窮す。小人窮すれば斯に濫る

在陳絶糧、從者病、莫能興、子路慍見曰、君子亦有窮乎、子曰、君子固窮、小人窮斯濫矣、

陳に在(いま)して糧(りょう)を絶つ。従者病みて能(よ)く興(た)つこと莫(な)し。子路慍(いか)って見(まみ)えて曰わく、君子も亦た窮すること有るか。子の曰わく、君子固(もと)より窮す。小人窮すれば斯(ここ)に濫(みだ)る。

現代語訳

孔子が陳にいらした時に食糧がなくなった。お供の者たちは病気にかかり立ちあがることもできなくなった。子路が義憤に駆られて言った。「君子でも困窮することがあるのですか」

先生がおっしゃった。「もちろん君子でも困窮することはある。しかし、小人は困窮すれば行いがでたらめになる。(そこが君子と小人の違いだ)」

語句

■興つ 立ち上がる。 ■慍って 怒って。義憤を発して。君子が窮することなどあってならないのに…と子路は思っている。 ■固より もちろん。 ■濫る でたらめになる。

前の章「衛の霊公、陣を孔子に問う」|次の章「予れは一以てこれを貫く

現代語訳・朗読:左大臣光永