己れを脩めて以て敬す

子路問君子、子曰、脩己以敬、曰、如斯而已乎、曰、脩己以安人、曰、如斯而已乎、曰、脩己以安百姓、脩己以安百姓、堯舜其猶病諸、

子路、君子を問う。子の曰わく、己れを脩めて以て敬す。曰わく、斯くの如きのみか。曰わく、己れを脩めて以て人を安んず。曰わく、斯くの如きのみか。曰わく、己れを脩めて以て百姓(ひゃくせい)を安んず。己れを脩めて百姓を安んずるは、堯・舜も其れ猶お諸(こ)れを病めり。

現代語訳

子路が君子について質問した。

先生がおっしゃった。「自分を修養してつつしみ深くする」

子路が言った。「そのようなことだけで君子となりえますか」

先生がおっしゃった。「自分を修養してつつしみ深くして、そのよい影響を周りに及ぼし、まわりの人を安らかにする」

子路が言った。「そのようなことだけで君子となりえますか」

先生がおっしゃった。「自分を修養してつつしみ深くして、そのよい影響を周りに及ぼし、最終的には天下万民を安らかにする。自分を修養してつつしみ深くして、そのよい影響を周りに及ぼし、天下万民を安らかにすることにかけては、聖天子として知られる堯・舜も、なかなかうまくいかず、心を砕いたのだ」

語句

■己れを脩める 自分を修養する。 ■敬す つつしみ深くする。 ■堯・舜 古代の理想的な政治を行った王。儒家の理想とする君主。

前の章「上、礼を好めば、則ち民使い易し」|次の章「原壌、夷して俟つ

現代語訳・朗読:左大臣光永