其の不可なることを知りて而もこれを為す者か

子路宿於石門、晨門曰、奚自、子路曰、自孔氏、曰、是知其不可、而爲之者與、

子路、石門に宿る。晨門の曰わく、奚れよりぞ。子路の曰わく、孔氏よりす。曰わく、是れ其の不可なることを知りて而もこれを為す者か。

現代語訳

子路が石門という所で宿った。門番が言った。「どこから来なすった」子路が言った。「孔子の家からだ」

門番が言った。「あの、だめなのを知りつつやっている、あの人か。(あんたも大変だね)」

語句

■石門 魯の町の外門? ■晨門 門番。「晨」は朝。朝から晩まで門を司る者の意。

前の章「賢者は世を避く。其の次ぎは地を避く。」|次の章「子、磬を衛に撃つ

現代語訳・朗読:左大臣光永