丘、何為れぞ是れ栖栖たる者ぞ

微生畝謂孔子曰、丘何爲是栖栖者與、無乃爲佞乎、孔子曰、非敢爲佞也、疾固也、

微生畝、孔子に謂いて曰わく、丘(きゅう)、何為(なんす)れぞ是れ栖栖(せいせい)たる者ぞ。乃ち佞(ねい)を為すこと無からんや。孔子対(こた)えて曰わく、敢えて佞を為すに非ざるなり。固を疾(にく)むなり。

現代語訳

微生畝が孔子に言った。「丘さんよ、どうしてそんなにあくせくと忙しく動き回っておられるのか。口先三寸で相手に取り入ろうとしているのでは、ないのかね」

孔子が答えて言った。「口先三寸で相手に取り入ろうとしているのではありません。私は凝り固まって融通がきかないのが、嫌なのです」

語句

■微生畝 魯の隠者。姓は微生。名は畝。 ■栖栖 あくせくと忙しくしている。 ■佞 口先三寸で真心が無いこと。

前の章「詐りを逆えず」|次の章「驥は其の力を称せず、其の徳を称す

現代語訳・朗読:左大臣光永